布製・革製 ソファのメンテナンス方法について解説

※当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

スポンサーリンク
インテリア
スポンサーリンク

せっかくお気に入りのソファを購入しても、正しいメンテナンスを行わないと、長期間使用した場合に損傷を受けることがあります。自宅でできるおすすめのソファのメンテナンス方法を紹介します。

定期的な掃除

定期的な掃除は、ソファを美しく保ち、傷みを防ぐために重要です。

ソファの表面に付着したほこりや汚れを掃除機で吸い取ったり、柔らかいブラシや乾いた布で軽くこすっても良いです。

ファブリック素材の場合は、クッションカバーやカバーリングを取り外して、洗濯機で洗うこともできます。ただし、洗濯機で洗う前に、取扱い表示を必ず確認してください。

水拭き

汚れが気になる場合は、水拭きをすることができます。ただし、水拭きする際には、中性洗剤を少量混ぜた水を使用し、拭き取った後は、乾いた布でしっかりと水分を取り除いてください。

素材により異なるため、水拭きの前に、必ず革やファブリックの取扱い表示を確認してください。

日光や熱から守る

ソファを直射日光や暖房器具から離すことで、色あせや変形を防ぐことができます。特に、革製のソファは太陽光に弱いため、日陰に置いたり、ブラインドやカーテンで遮光することをおすすめします。

また、ホットカーペットや電気毛布などを使用する際には、ソファに直接置かないようにしましょう。

レザークリーム・クリーナーの使用

革製のソファの場合、革が硬くなることを防ぐため、レザークリーム・クリーナーを使用することができます。 

ただし、使用する前に、必ず革製品用のものを使用してください。また、過剰に使用すると革が滑りやすくなるため、取扱説明書に従い、使用量に注意してください。

created by Rinker
¥4,180 (2024/05/22 03:35:56時点 楽天市場調べ-詳細)

メンテナンス

ソファに脚部がある場合は、定期的にネジの締め直しを行いましょう。グラつきがあるままソファを使用し続けると、ソファにも無理な力が加わり、痛みが早くなります。また、木製の肘掛けや連結部がある場合も同様に締め直しを行った方が良いでしょう。

修理

ソファに穴やひび割れがある場合は、専門業者に修理を依頼しましょう。自分で修理をすると、さらに損傷を招く可能性があるため、専門家に修理を依頼することをおすすめします。

まとめ

ソファを長く使うためには、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。

  • 掃除機などでソファのゴミや埃をとる。
  • 中性洗剤などで汚れを落とす。
  • 直射日光に当たらないように配置する。
  • 専用のクリームやクリーナーを使用する。
  • ネジの締め直しをする。
  • 専門の修理業者に頼む。

こうしたメンテナンスを行う事で、よりソファを長持ちさせることができます。ご自宅のソファのメンテナンスを行う際の参考にしていただければ幸いです。

コメント